磁性アタッチメントを用いた義歯の治療例

歯周治療後、歯は保存可能となるも本数が少なく、歯牙への加重負荷を極力抑えなければならない場合の補綴一例として、マグネットを利用した義歯治療があります。歯牙を揺さぶるような咬合負荷を減少させ義歯を安定させることができます。

磁性アタッチメントを仕様

 

上顎の場合、粘膜を被覆する面積を少なくすることができます。

アタッチメント

 

義歯裏面の要所に歯科用磁石を取り付けます。

歯根に磁石を固定します

 

残存する要所歯根に歯科用磁石を取り付けます。

装着時

 

義歯が磁力によって欠損粘膜にぴったりと密着します。歯根を残しておくことで周囲骨の喪失速度も抑えられます。

装着時

診療日のご案内