歯周病

歯周病治療

軽く考えがちな歯茎からの出血は、実は歯周病の初期症状かも知れません。
早くからの検査・治療、予防を心がけることで、健康な歯を長く保つことが可能です。

また、歯周病は生活習慣病といわれています。お口の健康は、全身の健康と深い関係にあるといわれています。
次の動画は、歯周病と全身疾患について解説しています。

[flv:http://hirano-dental.com/jp/wp-content/uploads/2010/02/perio.flv 380 300]
歯槽膿漏が進行すると…

  • 歯周組織の精密検査
    • 歯周ポケットの測定
    • 動揺度の測定
    • 噛み合わせの検査
    • 診断用口腔模型の制作
    • レントゲン写真撮影
    • 舌の検査
    • 経過観察を行うための口腔内写真
    • 磨き残しの確認検査
    • 食事生活指導
    • 歯ブラシ指導
    • 歯周病菌の抗体価検査
  • スケーリングによる歯石(歯肉縁上)の除去、レーザーによる歯周ポケットの殺菌消炎
  • 深い歯周ポケット内のスケーリングによる歯石(歯肉縁下)除去と病変除去
  • 歯に害をおよぼす噛合接触への対処
    • 噛み合わせの調整
    • 食いしばり、歯ぎしりに対する処置(ソフト、ミィディアムハード、ハードスプリント等の使用)
  • 歯周炎に対する各手術
    • 歯周組織再生材料を用いた外科処置
      • 各特殊生体膜を用いたGTR法
      • エムドゲインを用いた再生療法
      • 自家骨や人工骨を併用する場合もあります
  • 大きく揺れ動いてしまう歯の固定
  • 部分的または全体的な矯正処置による歯牙植立方向の適正化
    (歯周治療の結果、予後良好の場合のみ。また、動揺が大きい歯は対象外になります)
診療日のご案内