治療内容

虫歯治療


自由診療保険診療

  • 各貴金属やレジン樹脂による部分的な修復または補綴
    20Kゴールド、貴金属各種、パラジウム(保険適用)、CAD/CAMによるセラミッククラウン(金属アレルギーの有無、治療部位によって保険適用あり)、歯冠色ハイブリッドレジン
  • 審美的によい材料(セラミック素材)を用いた部分的な修復、または歯冠全体の補綴(保険外)
  • 重症虫歯による根管内細菌汚染に対する処置(根管治療)
  • MTAセメントによる歯髄保存治療
  • 根尖病巣に対する外科治療

審美治療の症例

 

◎当院では虫歯菌活動性検査を行っています


 食後、口腔内に棲息する虫歯菌は酸を放出し歯を溶かします。綿棒で歯列に残っているプラークを採取し2日間培養し、虫歯菌が出す酸の強さを確認します。

 虫歯になりやすい体質か否かを判定し、今後どのような予防法を行うべきかを計画することができます。日常の口腔ケアについて歯科医がアドバイスいたします。

 

レーザー治療

歯周病治療、知覚過敏症治療、口内炎治療、顎関節症理学療法、歯肉の黒ずみ軽減、歯質強化、歯牙漂白法に対してレーザーによる治療を無麻酔でお受けいただけます。

歯周組織の整形、各種手術や抜歯後の治癒促進、GTR法などの組織再生療法に対しても効果がある先端医療機器です。

ブリッジによる補綴

保険診療

保険適用の一般的なブリッジ

ブリッジの症例

左の画像の上顎部分が犬歯から大臼歯をつなぐ大きなブリッジになっています(小臼歯部欠損)。
保険適用のブリッジでは、前歯から第一小臼歯までは樹脂により白い歯にすることができます。それ以降の奥の歯は銀歯になります。

保険内外問わず、歯の欠損範囲や残存歯の状態によって、ブリッジ治療が適応できる場合とそうではない場合があります。

 

自由診療

審美性に優れた素材を用いたブリッジを製作することも可能です。

  • 白い材料、審美的な材料を用いたブリッジ(ポーセレン焼付け金属ブリッジ、ハイブリッドセラミック焼き付け金属ブリッジ、各種オールセラミック) 参考: LAVA™ジルコニアオールセラミックス

義歯(入れ歯)による補綴

詳細はこちら »

ノンクラスプ義歯

自由診療

詳細はこちら »

診療日のご案内