ブリッジによる補綴

保険診療

保険適用の一般的なブリッジ

ブリッジの症例

左の画像の上顎部分が犬歯から大臼歯をつなぐ大きなブリッジになっています(小臼歯部欠損)。
保険適用のブリッジでは、前歯から第一小臼歯までは樹脂により白い歯にすることができます。それ以降の奥の歯は銀歯になります。

保険内外問わず、歯の欠損範囲や残存歯の状態によって、ブリッジ治療が適応できる場合とそうではない場合があります。

 

自由診療

審美性に優れた素材を用いたブリッジを製作することも可能です。

  • 白い材料、審美的な材料を用いたブリッジ(ポーセレン焼付け金属ブリッジ、ハイブリッドセラミック焼き付け金属ブリッジ、各種オールセラミック) 参考: LAVA™ジルコニアオールセラミックス
診療日のご案内