全顎矯正治療の治療例

自由診療

上下とも前歯の乱れが著しく、正中にもズレが見られます。
上中切歯における前装冠の状態を良好に保ちながら他歯の再配列を希望されていました。(イークライナー治療例ではありません)


治療前


治療後

 

               - – – – – – – – – – – –

※ 矯正治療の内容によっては、ゴムを上下の歯へかけることが必要になります。開口状態を治したり咬み合わせを治したりするための重要な処置です。食事や歯磨きの時をのぞいて継続してゴムを装着していただく必要があります。日常生活においては初めて装着してから1週間ほどで慣れてしまいます。けっして恥ずかしがる必要はありません。特に職場や学校で会話をすることによってゴムが活性化し治療効果が発揮できます。

例えば骨折治療では骨がくっついて負傷前の日常生活に戻れるまで3ヶ月以上かかりますが、「歯が目的の位置に配列できた後、その周囲の骨が定着するまで」同様の期間がかかります(そのほか、歯根周囲の靭帯の影響で小さく後戻りしようとする力が長期間続きます)。もし治療期間の途中でゴム使用をやめてしまったり1日の使用時間が短いと、せっかく動いてきた歯が急速に元の位置へ戻ってしまいます(1日サボってしまうと3日分戻ってしまいます)。歯が良い位置に移動できた後もなおゴム使用によって「骨の定着」を3ヶ月以上行う必要があります。また矯正治療全般に言えることですが、最低限の骨定着時期を待たず治療終了し保定を行っても歯は元の位置へ後戻りしてしまいます。

しっかりゴム掛けを行って「あの時やっておいてよかった!」と言える歯並びを得ましょう。

 

 
 
 
 
 
 
関連ページ
診療日のご案内