義歯(入れ歯)による補綴

義歯(保険適用義歯、保険外義歯)

当院では「型取り」を非常に重要な治療ステップと考えています。どの症例にもお口の型取りは最低限2回行います(二重印象)。

古くなった「総義歯」を自由診療にて新製する場合は、御使用中の義歯をその日のうちに複製し、全く同じ形にコピーした「コピーデンチャー」を製作することがあります。古い義歯に対しては痛みなどに対する微調整は行いますが、材料を付け加えるような修正を加えないため、新品の義歯が完成するまでの間は旧義歯を不便さを感じることなくお使いいただけます。一方、複製義歯は院内で保管され、ご来院された時のみ最適な形態にどんどん修正していきます。そしてその”複製義歯にて”型取りと噛み合わせ記録を同時に行います。歯並びチェックを経て、最後には完成した新義歯を旧義歯と入れ替えるだけです。

 

 保険の範囲内で作れるプラスチック床義歯は、型を取り始めてから完成義歯がお口の中に入るまで数週間の期間がかかりますが、費用はおおかた1万円以内となります。
 メリットとしては、比較的安価で作ることができ、定期的なメンテナンスや補修を受けることにより、長期間使うことも可能ですが、デメリットとしては材料的な精度安定性がやや低いのが難点です。
構造上、強度をもたせるために義歯の厚みや面積が大きくなりやすいため、飲食物の熱や風味感覚が鈍くなる傾向があります。なるべく精度の高い治療を心がけておりますが、義歯作製過程での材料膨縮の発生は避けられず、若干の適合誤差が起きてしまうのはやむを得ません。これは完成後の適合調整をしっかり行うことにより誤差を相殺し対応いたします。
また、部分義歯の場合は天然歯にかかるクラスプ(銀色の金具)が目立つ傾向がありますが、金具のかけ方にも様々な方法がありますので気になる方がおられましたら是非ご相談ください。

 

自由診療

各部分義歯にはオールタードキャストテクニック使用(保険外)

特殊なオーダーメイド設計、良質な材料を用いることにより、強度が高く、目立たず動きにくい義歯を作ることが出来ます。オルタードキャスト法により歯列と欠損部粘膜を個別に型取りすることで非常に高適合な部分義歯を製作することができます。食事のときに、より自然な感覚を得られるでしょう。

 

※義歯制作、義歯調整、これら治療期間中のご注意

 新義歯完成までの間に旧義歯を使用されている方で、市販の義歯安定剤をご使用の場合は、義歯調整や口腔粘膜の精査が困難となり、また新義歯制作の進捗の妨げになりますので、ご来院前に安定剤をきれいに取り外しておいていただけると幸いです。ご予約された治療時間にこの作業が入りますと、本来予定された施術ができなくなることがありますのでご注意下さい。

診療日のご案内